精力は衰えるもの
精力の増強についての話をする前に知っていてほしいのが、[[巨人倍増>http://www.seiryokuzaia.com/]]男性の精力というのは年齢ととも衰えるものだということです。若い頃どんなに精力が旺盛だった人でも精力の衰えは経験するのですが、若年層でも精力の衰えを感じる人もいます。これはストレスによって男性ホルモンが減少することが原因のようです。

 

 

ツボで精力アップが可能
若い人でも精力は衰えてしまうのですが、[[シアリス 通販>http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20]]人間の体にあるツボを刺激すれば精力増強は可能です。以下では、精力アップに効く人体のツボついてご説明します。

 

(1)おなかのツボ
おなかのツボとしては、関元(かんげん)があります。[[蔵秘雄精>http://www.kanpoudrug.com/seiryokuzai-78.html]]関元はおへそのところへ指4本並べた下のところにあります。人差し指をおへそのところに置いてちょうど薬指がある位置ともいえます。指で押す際には、ゆっくりと息をはきながら両手の親指を合わせて押さえていきます。強く押すのではなく、スローにやさしく押すのがポイントです。

 

(2)指のツボ
指のツボとしては、左手の薬指の爪の部分から3mmほどずれた位置にある三焦経(さんしょうけい)があります。左手の薬指の三焦経を押す場合には、右手の親指と人差し指の全体を使ってつまみます。その際には、右手の親指の腹の部分で、小さい円を描くようにもみほぐします。

 

(3)背中のツボ
背中のツボとしては、おへその真後ろに位置する命門(めいもん)があります。ろっ骨の最下部と同等の高さのところの背骨に突き出た部分があり、ちょうどその下の部分です。

基本的には親指で押してもみますが、どうしても親指が届きにくい人は人差し指と中指を使って押してもみます。

 

(4)足のツボ
足のツボとしては、足のくるぶしの部分から指を4本分移動させたところにある三陰交(さんいんこう)があります。

立ったままの状態では押さえるのが大変なので、椅子か床に座った状態で親指を使って押しながらもみます。

 

 

まとめ
精力を増強させるツボは他にもたくさんありますが、まずは今回ご紹介したツボを試してみてください。ツボが刺激されることで男性ホルモンが分泌されるようになり、精力もアップしてくるでしょう。